最強の関西馬情報 CHECK MATE

スペシャルコンテンツ

日曜更新(13時頃)

  • これを読まずに馬券は買えない! 重賞レーススペシャル分析

  • ゴールデントーク スペシャルレポート
  • 無料会員登録

当日指定情報

関係者特別情報

推薦レース

攻略1点集中レース

穴の厳選1鞍

注目馬情報

GI・重賞レース

前日情報

ゴールデントーク

  • 関西騎手に絶大な影響力 加藤
  • 栗東トレセンご意見番 堀江
  • 関西馬主界の事情通 大坪
  • 関東情報網を束ねる重鎮 佐山
  • 投資馬券コンサルタント 村川
  • 外厩事情に精通した 黒木
  •  

平日情報

水曜更新

  • 競馬裏チャンネル

木曜更新

  • カネになる栗東キング調教馬

前日・当日買い目コンテンツ

土・日曜更新

  • 本日のタネ銭レース

金・土曜更新

  • 午前のワンコイン投資プラン

的中速報

2019年(1月~)的中 ※情報元への配慮もあり、全ての的中を記載しているわけではございません

2/16(土)京都12R 4歳上1000万下(混) ダ1200m 16:10
⑧メイショウアリソン ダ1200m 16:10
馬連 1920円的中 3連複 7310円的中 3連単 3万0010円的中
最終週ならではの大ヤリ情報で300倍ズバリ!!
これまで休み明けでは掲示板に載ることすらできていない、典型的な叩き良化タイプの⑧メイショウアリソン

休み明け2戦目の前走は追い上げ届かず4着までも、約4ヶ月半ぶりをひと叩きしたことで、走り自体は一変。「結果的に展開が向かなかったことは確かなんだけど、鞍上が外を回しすぎたせいもあるわ」と、厩舎関係者は愚痴っぽく振り返っていた。

返す刀で3戦目となる今回だが、これには「阪神よりも明らかに京都の方がイイ馬。何とか京都のうちに勝っておきたいんや」という理由があるようだ(全3勝が京都)。阪神馬主協会の重鎮『松本好雄オーナー』の所有馬にも関わらず、この使い方。前日公開【ゴールデントーク・大坪】でもご紹介している通り、勝負がかりであることは間違いない。

「中1週になるけど元気いっぱい。状態は凄くイイよ。このクラスは一度勝っている馬だし、能力的に見劣ることもない。次の京都は2ヶ月以上先になるから、ココで何とかしておきたい」とのこと。力の入る一戦。

※プレミア会員限定情報になります。
2/17(日)京都11R 大和S ダ1200m 15:30
⑩ジューヌエコール 安田隆/坂井瑠
馬連 1500円的中 3連複 4280円的中 3連単 1万9630円的中
『引退ヤリ』情報馬とのワンツー決着!! ◎○★の大本線で196倍!!
昨秋の『最重要機密情報』(11/25・京都11RオータムリーフS)では勝ち馬◎コパノキッキングの対抗馬として抜擢。「満を持しての初ダート。今後が楽しみになるような走りに期待」という陣営のホンネとともに、2万6000円的中の万馬券をお届けした⑩ジューヌエコール

クビ差、先着されたコパノキッキングのその後の活躍はご存知の通り。3着馬ワンダーリーデルも根岸S5着、フェブラリーSに駒を進めているのだから、非常に内容の濃い2着だったと言っていいだろう。

今回はそれ以来、3ヶ月近くの休み明けとなるが、「帰厩してから十分に乗り込んだことで馬体はスッキリ。1週前に坂路で好時計(49秒8)が出ましたし、態勢は整っていますよ」と厩舎関係者が話すように、仕上がりに不足なし。

「前走で再浮上のキッカケは掴みましたからね。もともと芝の重賞を勝っているように力のある馬。ダートでも重賞を勝てる可能性は十分にあると思っていますよ」と、オープン特別のココは通過点といった雰囲気。

対抗は、定年による解散目前、中村厩舎から“ヤリ”情報が入っている⑪ヤマニンアンプリメ。これまで厩舎関係者が「ベストは1200m」と言い続けてきたこの馬。にも関わらず、前走は1400mの根岸Sに出走。これは「調教師の引退前に、記念として東京の重賞に使った」というのが理由であり、1200mに距離を短縮してきた今回こそが“引退ヤリ”というわけである。

鞍上決定の経緯には、「これまでこの馬に携わってきた鮫島良と国分恭の2人でクジ引きをして、鮫島良がアタリを引いた」というウラ話もあり。「お世話になってきたセンセイに何としても恩返しをしたい」と、気合十分に臨んでいる。
2/16(土)京都9R つばき賞 芝1800m 14:25
⑥ユニコーンライオン 矢作/M.デムーロ
馬連 1610円的中 3連単 1万6290円的中
実績馬よりもコッチ!!陣営期待の素質馬から万馬券!!
矢作調教師、そして北海道で育成を担当した『シュウジデイファーム』が大きく期待している⑥ユニコーンライオン

デビュー戦でキッチリ勝って能力の高さを示してくれたが、鞍上サイドが「マジメに走ったのは馬体を併せた最後だけ」と話していたように、課題も浮き彫りとなってしまった。

この中間もずっと手元に置いて調整していたが、実戦を経験した効果で坂路の追い切りではラスト1ハロン12.1秒と、絶好の切れ味を披露。陣営も「さらに体を使えるようになって上向いている」とのことで、デキは前走以上と見て良さそう。

栗東トレセンご意見番の【堀江サン】にも動きを確認してもらったが「ちゃんと集中して走れるようになり、鞍上の指示にも瞬時に反応していましたよ」とのことで、馬も確実に成長しているようだ。

今回は東京のフリージア賞を使う予定もあったそうだが「ミルコが空いている」との話を陣営が聞きつけ、この番組を選択。クセのある馬だけに、同じ鞍上が騎乗できるのもプラス材料となるだろう。

ここは重賞やオープンで好走している馬もいるが、⑥ユニコーンライオンも素質ではヒケを取らないはず。ここもキッチリ決めてクラシック路線に乗ってほしいね。
2/17(日)京都8R 4歳上500万下(混) 芝1600m(外) 13:45
⑦モズダディー 藤岡健/酒井学
馬連 1080円的中 3連複 2020円的中 3連単 1万2060円的中
情報があれば前走10着大敗馬でも買える!!
「中央の500万に入っても能力は見劣らない」と、地方からの出戻り初戦だった前走時も陣営が強気だった⑦モズダディー。結果、10着凡走も、その敗因はハッキリとしているようだ。

だいぶ外に張る面を見せていましたね。もともと未勝利時代もそういうところがあって、当時は片側だけブリンカーを着けていたんです。調教では気にならなかったので大丈夫だと思ったんですが。今回は同じようにブリンカーを着けて臨みます。鞍上も癖は分かっているし、スムーズに運べれば前走みたいなことはないと思います」と厩舎関係者。

前走時の中間にもレーヴムーン(古馬1600万下)をアオるなど絶好の動きを見せていたが、「この中間も動きはスゴくイイですよ」とのこと。依然として「中央の500万に入っても能力は見劣らない」という評価に変わりはなく、一変があるならココしかない。

※プレミア会員限定情報になります。
2/10(日)小倉3R 3歳未勝利 芝1200m 10:50
③ショウナンタイガ 池添兼/柴山
馬連 7380円的中 3連複 3万1740円的中 3連単 11万8090円的中
『開催場替わりの開幕週』小倉から特大万券!!
土曜(2/9)の京都3Rでは、ダート替わりの◎トーセンマイスターから4万1590円の万馬券的中をお届け。「未勝利馬の動きじゃないですよ」と厩舎サイドが高い能力を感じながらも、これまでは条件が合わずにその能力を出し切れておらず、適条件に使われたことで一変、というパターンだった。

奇しくも、日曜にも同様のパターンで一変ムードの馬が出走する。それが③ショウナンタイガ

デビュー前から「コレは相当走るぞ」「稽古通りならすぐ勝てる」と陣営が言い続けているこの馬。芝の中距離、ダートの短距離と使われて結果が出ていないが、ダート1200mの前走後に「距離短縮自体が良かったのは間違いない。ただ、素軽い走りをするからダートよりも芝の方がイイね」と厩舎関係者が話していたのがポイント。ココまでの経緯から、芝の短距離こそ、同馬が全能力を発揮できる舞台と判断できる。

この中間も、厩舎の看板馬カツジの調教パートナーを務めるなど、とても3歳未勝利馬とは思えない動きを見せており、デキに関してはますます快調。「ダートで優先出走権(5着以内)を取ったけど、走り自体は芝の方が合っているはず。ようやく適条件が見つかった感じなので、今回こそは変わってくれないと困るよ」と、ココは力の入る一戦。
2/9(土)京都3R 3歳未勝利 ダ1400m 11:00
⑩トーセンマイスター 佐々晶/田中健
馬連 4580円的中 3連複 4万1590円的中
前走14着馬のガラリ一変を狙い撃ち!!
木曜公開『カネになる栗東キング調教馬』でも取り上げられていた⑩トーセンマイスター。「未勝利馬の動きじゃないですよ」と陣営もその素質を高く評価する1頭だが、これまで芝で5戦して3着1回止まり。そこで今回は条件変更、ダートへと矛先を向けてきた。

もともと血統的にはダートかなと思っていた馬ですし、ジョッキーの進言もあったのでこのタイミングでダートへ。調教では泥を被っても平気で走っているので、そういう意味でも適性はありそうですよ」とのこと。

前走の大敗については「左回りでモタれて競馬にならなかった」とのことで度外視可能。右回りに戻り、前走14着で必要以上に人気を落としそうな今回は馬券的妙味も十分にある。手広く買っても十分なリターンが見込める一戦。
2/9(土)京都12R 4歳上1000万下(混) ダ1400m 16:10
⑬ベルエスメラルダ 村山/田中健
3連複 2万4750円的中
11番人気▲エテルニテを相手本線に247倍!!
かつてはアンバルブライベンというお手馬がいたタナケン(田中健)、今を代表するお手馬は⑬ベルエスメラルダになるんだけど、これまではお世辞にもあんまり上手く乗れていたとは言えないレース続き。

特に前走なんかはいいスタートを切っているのに「近走は控えて進めていたから……」という非常に消極的な理由でポジションを下げてチン。「なにしてんねん」と厩舎サイドから声があがったのは言わずもがなで、今回は鞍上サイドに積極的に乗るようにと話がいくとか。

今回は外枠を引き当てられたというのが最大のポイント。前走は最内枠だったこともあって、消極的に進めたことが砂を被って窮屈な形を強いられてしまったけど、外から進められる今回はリカバーの形も様々な方法がとれるはず。このクラスでも通用するだけの能力を持っているのは確かだし、押しきりに期待したいね。
2/3(日)東京11R 東京新聞杯 芝1600m 15:45
②インディチャンプ 音無/福永
馬連 1840円的中 3連複 4300円的中 3連単 1万8190円的中
これが的中宣言重賞!!確勝級◎から大本線でズバリ!!
昨年は「この程度のメンバーなら負けられない!!」「普通に走れば勝ち負けになると思っているよ」という新聞には載らない関係者のホンネを入手していた矢作厩舎の◎リスグラシューから2万7390円的中をお届けしたこのレース。

今年、「アノ関西馬で断然の1強!!」と言われており、当社が昨年以上の勝負度合いで公開する◎が音無厩舎の②インディチャンプ。厩舎サイドはもちろん、手綱を取る福永からも「G1を勝てる器」「ウィークポイントが見当たらない」という最大級の評価が聞こえてきている。

それは所有するシルクレーシングも同様で、何でも「今年、シルクで飛躍を期待している馬の一番手がインディチャンプ」という話。「まだ準オープンを勝ったばかりなのに、(オーナーサイドが)“春は安田記念を狙いましょう”って言ってきたんだよ。まあ、コッチとしてもそのつもりなんだけどね」と音無師も話しており、そのためにもまずはココで何としても賞金を加算しておかなければならない。

ちなみに、日曜の開催終了後には同じシルクレーシング所有・アーモンドアイのジャパンカップ優勝祝賀会が都内某所で行われる予定。祝賀会を盛り上げるという意味でも力の入る一戦であることは間違いない。

このような背景もあり、当然、仕上げに関しても抜かりなし。「前走時も休養前よりは良い状態だったけど、この中間は順調そのもので文句のつけようがない仕上がり。今まで一番と言っていいんじゃないかな」と厩舎関係者。「東京新聞杯では足踏みしていられない」と、ココは完全に通過点というムード。重賞でココまで多方面から強気な声が聞こえてくるのもなかなかないことで、これはもう的中を宣言できるレベルと言っていいだろう。

藤沢和厩舎3頭出しでは、前日公開『ゴールデントーク・佐山』でもご紹介している通り、①サトノアレスが1番手。昨年の同レース2着もさることながら、好メンバーが揃っていた安田記念の0.2秒差4着が濃い内容。東京マイルに高い適性を示しており、ココも好勝負可能と見る。

そして「人気がなくても絶対に買っておけ!!」と一部関係者の間で盛り上がっていたのが藤原英厩舎の⑥レッドオルガ。コチラも東京コースでは(2-0-2-0)と馬券対象を外したことがなく、愛知杯や京都牝馬Sなどの牝馬限定重賞には目もくれず、牡馬相手でも東京のココへ。「この中間もシッカリ攻めることができているし、得意の東京コースなら男馬相手でも楽しみ」と色気たっぷりに送り出されている。
2/2(土)京都11R アルデバランS ダ1900m 15:35
③アングライフェン 安田隆/M.デムーロ
馬連 3790円的中 3連複 1万3150円的中 3連単 6万2900円的中
10頭出し安田隆厩舎の勝負どころを狙い撃ち!!
未だに輸送に弱い面が改善されず、「滞在競馬じゃなければ、近場の京都がベスト」と厩舎関係者が話す③アングライフェン

それを考えると、中山までの輸送で馬体を減らしながらも2着に好走した3走前は高く評価できる一戦。前走の東海Sでも、直線半ばでは3着に上がろうかという伸び脚を見せており、明け7歳でもまだまだオープン特別レベルなら十分勝ち負けになる馬と見ていいだろう。

「前回のプラス体重(+18)は、大半が輸送で減っていた分が戻ったものですが、多少、余裕もありましたね。この中間は中1週でもシッカリ乗っていますし、使っての上積みが見込めますよ。今回は近場の京都。実際、去年のこのレースでも2着に好走していますし、今年も好結果に期待しています」と厩舎関係者。

安田隆厩舎はこの土日に10頭出しの大攻勢。「固め勝ちが狙える」と、数だけではなく、質もシッカリとしており、同馬も勝ち負けを強く意識して送り出されている1頭。ココが狙い目だろう。
2/3(日)中京9R 4歳上500万下(混) 芝2200m 14:15
②ネプチュナイト 友道/藤岡康
馬連 1610円的中 3連複 6610円的中 3連単 2万1770円的中
勝負の中京遠征でキッチリ決めた!!
ゲート難に加え、機動力に乏しい不器用なタイプ。それだけに前走の内回り2000mはいかにも合わない条件だった。厩舎関係者からも「何であんな番組に使ったんですかねえ。ああいう競馬になるのは目に見えてたでしょ」という声が聞こえてきており、1番人気を裏切っての5着も、評価を下げる必要は全くない。

今回は一転、広い中京の2200mへ。伸び伸び走れるこのコースは同馬にとってベストと言っていいだろう。2走前には同じ中京2200mで3着までも、当時は直線で勢いがついたところで前をカットされる痛恨の不利。2着馬ナムラドノヴァンがその後に500万下→1000万下を連勝したように、強力なメンバーが揃っていた一戦でもあった。

「ゲートが遅いのはもう仕方ないですね。状態自体は使いながらどんどん上向いていますし、広い中京コースなら前走みたいなことはないはず。休養前に戦ってきた相手を考えても、能力的に500万が壁になるような馬じゃないですからね。正直、ココで負けるようだと楽しみがなくなるので何とかしてもらわないと」と厩舎関係者。コレはキッチリ変わってくる。
1/27(日)中京12R 蒲郡特別 芝1200m 16:00
⑫ズアー 池添学/藤岡康
馬連 1120円的中 3連複 4320円的中 3連単 2万0410円的中
凡走続きでも情報があればピンポイントで狙い撃てる!!
ガラリ一変とはまさにこのこと。⑫ズアーがコレまでとは別馬のような動きを見せている。

トモに疲れが出やすい馬で本当に調整が難しいんですが、この中間は上手いこと持ってこれました。水曜の坂路では、目一杯にやらなくても楽々自己ベスト。久々に納得の行く状態で使えますよ」と厩舎関係者。

やはり木曜公開『カネになる栗東キング調教馬』でも取り上げられており、そこでもお伝えしているように、デビュー2戦で手綱を取ったムーアが「ベストは1200m」と話していた馬。今回の1400m→1200mへの距離短縮もプラスに出ることだろう。

もともと「NHKマイルCを目指す」という目標があったために1400m~1600mを中心に使われてきた経緯があり、それも出世が遅れた原因の一つ。新馬勝ち以降は一度も馬券に絡むことができていないが、態勢万全で適条件に出走するのは今回が初めてのこととなる。大きな変わり身に期待していい。

※プレミア会員限定情報になります。
1/20(日)京都8R 4歳上500万下 芝1800m 13:50
⑩ノーブルカリナン 友道/M.デムーロ
馬連 2470円的中 3連複 1万0430円的中
厩舎星勘定の1鞍で今年の初勝利!!
秋競馬を全休して休み明けとなる⑩ノーブルカリナンだが、今回は「500万なら負けられない」と、陣営も力が入っている。

もともと小さな馬で、なおかつ集中力にも課題を残していたが、休ませている間に馬が成長してカイ食いが良くなり、調教でもビッシリ追えるようになっている。

またチークを装着することによって集中力もアップ。陣営も「チークの効果はありそう」と、確かな手応えを掴んでいる。

1週前の追い切りに騎乗したミルコや、今週の追い切りに騎乗した藤岡康太も上々の感触。イキナリから走れそうなムードが漂っている。

1月19日現在で未勝利の友道厩舎だが、ここで初勝利をマークして弾みを付けたいはず。ここは相手も手薄なだけに、キッチリ決めてほしい。
1/14(月)京都2R 3歳未勝利(牝) ダ1200m 10:40
⑩ヒデノヴィーナス 梅田智/川須
馬連 1330円的中 3連複 2950円的中 3連単 1万0370円的中
騎手、厩舎とも星勘定の鉄板軸馬からキッチリ万券的中!!
「何が強い!?」と逆に聞かれるほどに関係者が“勝利の手応え”を掴んでいる⑩ヒデノヴィーナス。初戦のレース内容や時計を考えればそれも納得と言えば納得か……。

「ゲートも上手いし、不安はないよ。スンナリ競馬ができれば決めてくれると思っている」とどこまでも余裕の表情やった。鞍上サイドもこないだの競馬を“とりこぼし”と考えているような話もあり、ココは星勘定して臨んどるみたいやで。
1/5(土)京都2R 3歳未勝利(混) ダ1800m 10:40
①アールジオール 中竹/松山
馬連 1730円的中 3連複 1万4150円的中 3連単 4万0030円的中
2019年は万券6本スタート!!
次週から角居厩舎が再開。いわゆる『中竹B』で走るのは今週が最後となるが、この土日も中竹厩舎13頭のうち、9頭が『中竹B』。出し惜しみすることなく、勝ち星の上積みを狙っている。

①アールジオールもそのうちの1頭で、『前原敏行オーナー』のご当地である京都開幕週のココを目標に調整。ダート替わりでガラリ一変を見込んでの出走となる。

もともとデビュー前から調教に跨っていた松山の評価が非常に高く、「メチャクチャいいですよ。乗るのがスゴく楽しみです」とベタ褒めしていた馬で、初戦は2番人気を裏切り6着と結果が出なかったが、レース後に「ダートですね」と。能力ではなく、適性の問題だったということだろう。

2戦目の今回は早速のダート替わり。「ジョッキーも言っていましたけど、普段の稽古の感触からも大いに適性がありそうです。休ませての良化もシッカリと感じていますよ」とのこと。半兄にダート6勝ブルミラコロや、ダート4勝エクストラゴールドらがいる血統背景からも、この条件替わりがプラスに出る可能性は十分。
1/6(日)京都10R 万葉S 芝3000m 15:10
②ヴォージュ 西村/和田
馬連 1480円的中 3連単 2万7290円的中
圧倒的1番人気ユーキャンスマイルより馬券はコッチ!!
改めて②ヴォージュを見直したい。

前走のステイヤーズS当時は「積極策で」という話が入っており、その通りに前々で運ぶ形となったものの、最後の直線で早々と失速してしまう不可解な敗戦となった。

これについて陣営は「前半から出して行ったら、道中でリラックスできなかったかも」と分析。スタミナ不足というより、最後は馬がヤメていたようにも見える内容だった。

そこで今回は、この厩舎では滅多に起用しない和田騎手に騎乗依頼。鞍上の腕力で、最後まで気を抜かせない競馬を試みるようだ。

札幌競馬を使ったあとは、北海道の『シュウジデイファーム』から三重県の『名張ホースランドパーク』に移動し、秋競馬でシッカリと力を出せる状態に仕上げられていた。

今回も前走時の状態はキープしているので、コース替わりと鞍上の腕力で馬の力を引き出してくれることを期待したい。
1/5(土)京都1R 3歳未勝利(牝) ダ1800m 10:10
①プリカジュール 寺島/鮫島駿
馬連 1万9740円的中
他では真似できない◎(11人気)-○(4人気)1点目で馬連197倍!!
2019年一発目の狙い馬は①プリカジュールや。気合十分の京都ご当地馬主【ノースヒルズ】の勝負馬やね。

栗東のご意見番【堀江さん】に話を聞いたら「稽古の動きがかなり良くなってきた。関係者も“コレは面白いぞ”と色気タップリだったで」とのこと。

ココはテンに速い馬はおらんし、最内枠を引けた今回はスンナリ先手を奪って自分のペースで運べれば一発あってエエと思うで。
1/5(土)中山8R 4歳上1000万下(混) ダ1200m 13:50
③ジャスパープリンス 森/武豊
馬連 1640円的中 3連複 2260円的中 3連単 1万4170円的中
情報通り、初のダ1200mで堂々の逃げ切り勝ち!!
前走も注目していた③ジャスパープリンス。文字通りの快勝で500万をクリアして、今回は1000万条件に挑戦です。

今回は中2週と続戦での関東遠征。この馬、元々体質のあまり強い馬ではなくて、1度競馬に使うと間隔をあけないといけないタイプだったんだよね。それが前走は全く反動がなかったという事で、間隔を詰めての続戦。厩舎サイドはこの順調な臨戦過程を踏めたという事で既にニッコリだったよ。

元々初戦では芝1200Mでモズスーパーフレアに肉迫したほどのスピードのある馬。距離短縮がマイナス材料になることは絶対にないし、むしろ更に良い走りを見せる事が出来ると思うぞ。連勝に大きく期待!
1/6(日)京都8R 4歳上500万下(混) ダ1800m 14:00
⑧ダンツチョイス 本田/坂井瑠
3連複 1万0060円的中
2頭出しの本田厩舎、人気がなくても走るのはコッチ!!
昨年末の【ゴールデントーク・堀江】でもご紹介していた通り、長らく続いた連敗を71でストップさせた本田厩舎(12/15中京4Rムーンクエイク)。その翌週にもランスオブプラーナ(12/22阪神4R)が勝ち上がっており、「悪いものが出切った感じ。いい流れで新年を迎えることができるよ」と、ようやく厩舎のムードも上向いてきた。

ココ京都8Rは本田厩舎2頭出し。どちらも色気アリの話ではあるのだが、よりトーンが高かったのが⑧ダンツチョイスの方。

「しばらくは使うだけになるかと思っていたけど、ココにきてスッカリ差す競馬が板について楽しみが出てきたよ。前走にしても強い勝ち馬(エイシンセラード=1000万下も連勝)から0.3秒差でしょ。このクラスはいつ勝ってもおかしくないぞ」と厩舎関係者。

最近まで連敗が続いていたということは、惜敗で取りこぼしていた『勝ち上がり予備軍』が多く残っているということでもあり、同馬のそのうちの1頭。コレが今年の初勝利となる可能性も十分。

※プレミア会員限定情報になります。