最強の関西馬情報 CHECK MATE

スペシャルコンテンツ

日曜更新(13時頃)

  • これを読まずに馬券は買えない! 重賞レーススペシャル分析

  • 無料会員登録

当日指定情報

関係者特別情報

推薦レース

攻略1点集中レース

穴の厳選1鞍

注目馬情報

GI・重賞レース

前日情報

ゴールデントーク

  • 関西騎手に絶大な影響力 加藤
  • 栗東トレセンご意見番 堀江
  • 関西馬主界の事情通 大坪
  • 関東情報網を束ねる重鎮 佐山
  • 投資馬券コンサルタント 村川
  • 外厩事情に精通した 黒木
  •  

平日情報

水曜更新

  • 競馬裏チャンネル

木曜更新

  • カネになる栗東キング調教馬

前日・当日買い目コンテンツ

土・日曜更新

  • 本日のタネ銭レース

金・土曜更新

  • 午前のワンコイン投資プラン

的中速報

2018年(1月~)的中 ※情報元への配慮もあり、全ての的中を記載しているわけではございません

1/21(日)中山11R アメリカJCC 芝2200m 15:45
⑦ダンビュライト 音無/M.デムーロ
馬連 460円的中 3連複 6440円的中 3連単 2万4620円的中
1人気の関東馬ミッキースワローに2馬身差をつけての完勝!!
このレース、唯一のG1馬となる⑤ゴールドアクター。有馬記念を含めて中山では重賞3勝。実績はもちろん、コース適性の高さにも一目置く必要があるが、関係者によると「正直、7.5分くらいの仕上がり」とのことで、まだまだ完調には程遠い様子。もともと予定していた昨年末の有馬記念を回避したのも、体調が整わなかったことが理由。人気を考えても今回は“下げ”の評価が妥当だろう。

中心には、昨秋から重賞戦線での活躍が目立つ、強い4歳世代から⑦ダンビュライトを。

前走で準オープンを勝ってオープン入りしたこの馬だが、皐月賞3着、ダービー6着、菊花賞5着と三冠戦に皆勤出走。上位争いに加わっているのだから、昇級と言っても形だけ。世代上位の能力は既に証明済みで、「この後は大阪杯(4/1)に使いたい」と陣営の目は既に春の大舞台へと向いている。

ただし、準オープン勝ち直後で収得賞金は僅か1950万円。このままではG1どころか重賞出走もままらない状況。そのことは陣営も重々承知しており、今回は今年初戦にして早速「何としても賞金を加算したい」と力の入る一戦となる。

もちろん仕上げに関しては抜かりなく、音無師が「いつも通りのパターンで調整できた」と順調をアピールすれば、厩舎スタッフも「中山コースでは皐月賞で3着に好走していますが、当時に比べると馬が全然違います。乗りやすくなっていて、スッと反応しますからね」と、4歳を迎えての更なる成長を強調。昨年のJRA重賞最多勝ジョッキー(18勝)M.デムーロを鞍上に迎え、勝負態勢は整っている。
1/13(土)中京8R 4歳上500万下 ダ1800m 13:45
⑬スズカフューラー 西橋/藤岡佑
馬連 4770円的中 3連複 1万1140円的中
狙い澄ました中京開幕週ヤリで万馬券!!
未勝利圧勝含め、中京では5戦4連対と好相性の⑬スズカフューラー。当社では6番人気で2着に好走した2走前にも◎として公開しているが、この中間も引き続き陣営のトーンは上々。“買い”の判断でいいだろう。

昨年の秋からコンスタントに使えていますし、状態面の不安はありません。前走後は相性のイイ中京のココを狙い澄ましての出走。まだまだ上を目指せる馬なのでこのクラスはそろそろ何とかしてほしいですね」と。勝負態勢は整っている。
1/7(日)京都7R 4歳上500万下(混) ダ1800m 13:30
⑧スズカブルグ 藤沢則/森裕
馬連 3040円的中 3連複 4150円的中 3連単 2万6170円的中
日曜一番の勝負情報で261倍ズバリ!!
半年以上の休み明けをひと叩き、5着→2着と型通りの上昇を見せた⑧スズカブルグだが、「上のクラスでもやれる馬だと思っているので」と鞍上の森裕はまだまだ結果に納得していない様子。「行きっぷり自体がもうひとつでしたし、左回りよりも右回りの方が合うタイプなのかも」と、好走に満足することなく、あくまでも先を睨んでいた。

今回は、5着だったとは言え、休み明けから見せ場タップリの競馬を演じた右回りの京都コース戻り。「休み明けを2回叩いてだいぶ息ができてきた。もう少し積極的に乗っても脚は使えるはずだし、今回も期待していますよ」と厩舎関係者も強気。騎手、厩舎ともにコレがこの3日間開催の一番。今年の初勝利を狙っている。
1/8(月)京都10R 羅生門S ダ1400m 15:10
⑭エポック 角田/岩田
馬連 2700円的中 3連複 3860円的中 3連単 2万7420円的中
開幕週5本目の万馬券は274倍!!
3歳春以来、久々の1400m出走となる⑭エポックだが、これまでの経緯、厩舎関係者からの話を聞いていると、コレが高確率でプラスに出そうな雰囲気。

まず、そもそも「1800mは微妙に長い」と厩舎関係者が一貫して言い続けていた馬であるということ。「勝ち星こそないものの、2着、3着は何度もあるからね。それで使い続けてきたんだけど、終始引っ掛かっていた前走を見て距離を詰めることにした」とのことだ。

1400m自体はコレまでに4度の出走があり、2着2回、凡走が2回。決して安定感のある走りを見せていたわけではないが、「若い頃は揉まれ弱さがあって、枠順や道中の隊列に左右される部分が大きかった。もともと距離を延ばしたのもそれが理由だからね」と厩舎関係者。「今ならもうそんな面もないので、折り合いを考えても1400mの方が集中して走れるんじゃないかな」と、前向きな距離短縮であることを説明してくれた。

昨秋は「微妙に長い」1800mの距離でも3着2回。コレが現級上位の能力の証明と言え、見込み通りに距離短縮で前進があれば今度は勝ち負けになるだろう。

※プレミア会員限定情報になります。
1/6(土)京都1R 3歳未勝利(牝) ダ1200m 10:10
⑩メープル 小崎/小崎
馬連 290円的中 3連複 4860円的中 3連単 1万5300円的中
2018年一発目の買い目公開レースから万券的中!!
初戦はまだまだ太め残り。「体質が弱いので」と攻め切れない中でのデビューとなった⑩メープル。それだけにひと叩きした上積みは大きく、「初戦は太めが残っていた分、最後に苦しくなってモタれてしまいましたね。この中間は馬体が絞れて、動きも一変していますよ」と厩舎関係者。2戦目の今回は型通りの上昇を見込んで良さそうだ。

その前走で手綱を取っていた和田竜が「スタートの芝の部分で行き脚がつかなかった」と振り返っていたあたり、オールダートの京都ダート1200m替わりもプラスに出るはず。「今度は牝馬限定戦になるし、平坦の京都もイイ。年明け一発目からチャンスでしょう」と、前走時とは一転、色気タップリに送り出されている。
1/7(日)京都5R 3歳未勝利(混) 芝1600m(内) 12:30
⑤カンタービレ 角居/浜中
馬連 680円的中 3連複 3110円的中 3連単 1万3810円的中
◎○の一騎打ち!!ワンコイン回収率は一撃680%!!
2018年の開幕週から11頭出しとなる角居厩舎。昨年の厩舎リーディングでは池江寿厩舎に9勝差をつけられての3位に終わったが、年始早々の大攻勢はリーディング奪還に向けての強い意気込みだろう。

土曜の【推薦レース】京都8Rでも角居厩舎のサンオークランドから7680円的中をお届けしているが、「2日目のオススメはコレです」と厩舎関係者のトーンが高かったのが⑤カンタービレ

デビュー戦から2着に好走しているこの馬だが、当時はまだまだ乗り込み不足。それだけにひと叩きしての上積みは非常に大きく、「1回使ったことで気持ちが入ってきました。今度はもっと動けると思います」とのこと。中2週と間隔を詰めながら時計4本、今週のCWでも動きも申し分なく、質、量ともに初戦時よりもシッカリとした調整を施されている。

「前走は勝ったと思ったんですけどね。それでも狭いところに入ってもシッカリ伸びてくれましたからね。真面目で物怖じしないのが長所。京都の芝の方が合っていそうだし、コレは大丈夫だと思います」と厩舎関係者。コレが角居厩舎の今年初勝利となる可能性十分。

対抗は⑥ラセット。「一戦ごとに集中力が増してきて、前走は2走前に比べると大幅にレースぶりが良くなりましたね。まだ上積みがありますし、もう未勝利は何とかしたいですね」と厩舎関係者。
1/7(日)京都8R 4歳上500万下(混) 芝2200m 14:00
⑥ハイドロフォイル 友道/川又
3連複 1万1900円的中
勝負の減量起用を狙い撃ち!!情報通りの積極策でキッチリ馬券に!!
現級で4馬身差の圧勝歴がある⑥ハイドロフォイル。500万に降級してからの近4走は掲示板に載るのが精一杯という成績だが、現級勝ち含め、コレまで馬券対象になった4回全てが4角先頭によるもの。控える競馬が続いた近走の結果は度外視していいだろう。

今回は友道厩舎としては珍しく3キロ減を起用(減量騎手起用は昨年の7/15以来)。コレは「注文をつけてハナを切りたい」という意思の表れであり、久々に同馬の積極策を見ることができそうだ。「行き切る形がベスト。1コーナーまでにハナを奪って、自分の形で運べれば楽しみ」と一発ムードが漂う。

※プレミア会員限定情報になります。