最強の関西馬情報 CHECK MATE

スペシャルコンテンツ

月曜更新(13時頃)

  • これを読まずに馬券は買えない! 重賞レーススペシャル分析

  • ゴールデントーク スペシャルレポート
  • 無料会員登録

当日指定情報

関係者特別情報

推薦レース

攻略1点集中レース

穴の厳選1鞍

注目馬情報

GI・重賞レース

前日情報

ゴールデントーク

  • 関西騎手に絶大な影響力 加藤
  • 栗東トレセンご意見番 堀江
  • 関西馬主界の事情通 大坪
  • 関東情報網を束ねる重鎮 佐山
  • 投資馬券コンサルタント 村川
  • 外厩事情に精通した 黒木
  •  

平日情報

水曜更新

  • 競馬裏チャンネル

木曜更新

  • カネになる栗東キング調教馬

前日・当日買い目コンテンツ

土・日曜更新

  • 本日のタネ銭レース

金・土曜更新

  • 午前のワンコイン投資プラン

的中速報

2018年(7月~)的中 ※情報元への配慮もあり、全ての的中を記載しているわけではございません

9/17(月)阪神1R 2歳未勝利(牝) ダ1400m 09:55
②デンコウハピネス 坂口則/太宰
馬連 1690円的中 3連複 1万2540円的中 3連単 4万1630円的中
地元馬主の“ヤリ”話は馬券に直結!!
3日間開催の最終日。地元の大物関係者も含めて馬券話で大きく盛り上がっているのが朝イチしょっぱなのこのレース。


その理由は『阪神馬主協会に所属する馬主さん』が所有する②デンコウハピネス(田中康弘)と⑧タマモキャーンズ((株)タマモ)が同時にココにスタンバイしているからや。この2頭が同時にココを使われるのは決して偶然ではないで。


関係者の間でも“確勝級”と言われている②デンコウハピネスがこのレースの◎本命馬。陣営は日曜阪神ダ1400Mと当レースを天秤にかけ“より高確率”で結果を出せそうなコッチを選択「牝馬同士だしココは絶対に負けられない」とその意気込みは相当や。オーナーサイドにもなにやら話してる感じも出てたな。
9/16(日)阪神12R 3歳上500万下(混) 芝1200m 16:10
⑥メイケイダイハード 中竹/富田
馬連 3000円的中 3連複 8610円的中 3連単 4万2300円的中
中竹厩舎が意地を見せた一戦を狙い撃ち!!
今年ここまで32勝。既に24勝だった昨年を大きく上回る勝ち星をマークしている中竹厩舎。先週もシティーポップ(4万6980円的中)などで2勝を挙げているが、実は直近の勝ち星の殆どが、一時的に角居厩舎から預かっている管理馬によるもの。純粋な中竹厩舎としての勝利は、アスタースウィングで制した7/29苗場特別まで遡らなければならない(その間に8勝)。

角居厩舎のスタッフとしては「迷惑をかけてしまったので中竹厩舎のリーディング順位を上げてあげたい」と力を入れているようだが、これで奮起しているのが中竹厩舎のスタッフ。自分たちが何もしていないのにリーディング順位だけが上がっても、面白くないと思うのは当然だろう。

そんな中竹厩舎のスタッフに秋競馬開幕前の時点から「コレは次、勝てるぞ」と聞いていたのが⑥メイケイダイハード

500キロを超える大型馬で、もともと休み明けの前走時から「小倉でひと叩きして、阪神で勝負」という話だったこの馬。その叩き台の小倉でも不利がありながら僅差の4着に健闘したことで陣営のトーンも急上昇。この中間はビシビシと追われ、今週水曜の坂路では馬場開場から40分ほど経過した時計が出にくい時間帯に、自己ベストに0秒5まで迫る52秒5の好時計。まさに思惑通りの良化を見せている。

状態面の上積みはもちろん、前走テン乗りだった富田の継続騎乗も強調材料。「前走はスタート後に挟まって折り合いを欠くところがあったからね。それでも手応えは十分に掴んでくれたみたい。2度目の今回は決めてくれるでしょう」と厩舎関係者。これが『中竹厩舎』としての久々の勝利になりそうだ。
9/17(月)阪神4R 3歳未勝利(混) 芝1800m 11:25
⑨エールグリーツ 中竹/和田竜
馬連 1930円的中 3連複 2220円的中 3連単 1万1210円的中
秋競馬の儲けドコロ『スーパー未勝利』から万券3本目!!
夏場に使い込んでも勝ち切れずにココまできてしまった馬が大半を占める中、それらを横目に「ウチのは未勝利にいるような馬じゃないですから」と強気だったのが⑨エールグリーツ陣営。

「中間に挫跖があったりして復帰がココまで遅れちゃったけど、目標をココに切り替えてからはシッカリ乗り込めている。順調ならとっくに上のクラスに行っているはずの馬だからね。ブッツケでスーパー未勝利だけど、何とかなると思っているよ」とのことだ。

日曜の阪神4Rでも「フレッシュな状態で使えるアドバンテージも大きい」という◎ジューングラスミーから1万8130円的中をお届けしたが、同馬も同様のパターン。アッサリがあって驚けない。
9/16(日)阪神4R 3歳未勝利 ダ1800m 11:25
⑤ジューングラスミー 吉村/福永
馬連 990円的中 3連複 3630円的中 3連単 1万8130円的中
これが『スーパー未勝利』の獲り方!!
先週土曜(9/8)阪神3Rの『スーパー未勝利』でも吉村厩舎のプリディカメントから的中をお届けしたが、吉村厩舎でそのプリディカメントと同等以上の期待がかけられているのが⑤ジューングラスミー

脚元の関係もあってココまで順調に使うことができなかったが、「1つはすぐに勝てる」というのが陣営の評価。今回はようやく間隔を詰めての出走が叶い、「小倉でひと叩きして勝負は予定通り。前回でハミを取らないところがあったので、その対策としてチークピーシズを着用。今週の追い切りもスゴく良かったですよ」とのことだ。

近走好走馬には、夏場に使い込んでも勝ち切れずにココまできてしまった馬が多く、フレッシュな状態で使えるアドバンテージも大きい。キッチリ決めたい一戦。
9/9(日)阪神3R 3歳未勝利 ダ1400m 10:55
⑤タフチョイス 角田/鮫島良
馬連 710円的中 3連複 8270円的中 3連単 4万6980円的中
秋競馬の儲けドコロ『スーパー未勝利』から早速万券!!
4回阪神開催の3歳未勝利戦(スーパー未勝利)は計13鞍が組まれているが、そのほとんどがダート戦。2鞍しかない芝は必然的にハイレベルなメンバー構成になりやすいが、逆にダートは『スーパー未勝利』とは名ばかりの消化試合になることも多い。

ココはまさにそんな一戦。関係者の間でも「今週の未勝利で一番ひどいメンバー」「ココに使えば良かった」という声は多く、実際、前走で馬券対象になっている馬は1頭もいない。それならば、北海道帰りの強行軍でも勝ち上がり目前まで行っていた⑤タフチョイスを信頼する手だろう。

4着に敗れた前走は向正面で内ラチに激突するアクシデント。コーナー通過順が[1-1-3-1]となっているのはこのためで、「むしろあんな競馬でよく4着まで盛り返してきたよ」と厩舎関係者。まともなら前走で勝ち上がっていた可能性も十分にある。

「滞在競馬だったからかな。馬が調教の時の出口に行こうとしてラチに突っ込んじゃったみたい(笑)。もうあんなことはないと思うよ。距離も1700mはギリギリって感じだったから、1400mになるのはイイと思う。このメンバーなら何とかしたいね」と。ココが初勝利のチャンス。
9/9(日)中山12R 3歳上1000万下 ダ1200m 16:25
⑩アグネスエーデル 小崎/戸崎
馬連 1000円的中 3連複 2590円的中 3連単 1万5290円的中
開幕週ヤリは馬券に直結!!◎○1点目でズバリ!!
もともと攻め駆けするタイプということを踏まえても、この中間の動きの良さが目につく⑩アグネスエーデル。聞けば「今は本当に具合がイイ。6歳の秋になって言うことじゃないかもしれないけど、軌道に乗ってきた感じがするね」とのこと。前走の2着もデキの良さの賜物ということだろう。

「1000mで好走したけど、本来はもう少し長い方が競馬はしやすいタイプ。1200mの今回は更に期待できそうだよ。直線に坂のあるコースなら、持ち味の決め手がより生きるんじゃないかな」と厩舎関係者。3歳馬不在、4歳馬も1頭だけという停滞感が漂うメンバー構成。ココに入れば同馬の今の勢いは際立つものがある。引き続き勝ち負けに期待。

適条件がない夏場を見送り、秋競馬を目標に調整されてきた⑧モアニケアラ。「引っ掛かる馬なので流れが速くなりやすいこの条件は合う」と昇級戦から強気の④クライシス。「差しが利く中山を狙って連れてきた」という⑦ゼットマックイーンが相手本線。
9/1(土)小倉7R 3歳未勝利 芝1800m 13:20
②レッドエクシード 松永幹/浜中
馬連 1160円的中 3連複 5000円的中 3連単 2万0990円的中
情報通り、力の違いを見せつける4馬身差圧勝!!
体質面の弱さから休養が長引いてしまい、2週前、10ヶ月ぶりにようやく復帰戦を迎えることができた②レッドエクシード。レースに使えず入厩→放牧を繰り返していたこれまでの経緯を考えると、出走後の状態面が気になるところだが、「正直、もっと反動がくるだろうと心配していたんですが、ガタっとくることもなく許容範囲内。もともと前走がかなりソフトな仕上げだったので、ひと叩きして定石通りに良くなっていますよ。カイバもシッカリ食べているので、馬体維持に関しても心配していません」と厩舎関係者。これなら中1週と間隔を詰めての出走でも心配する必要はなさそうだ。

「前走は出遅れて、外から早めに動いて行く大味な競馬。10ヶ月ぶりを思えば悪くない内容でしたよ。その前走時に比べたら気配はかなり良くなっていますし、デビュー当初のメンバーを思えば相手関係も楽。前走みたいな出遅れさえなければ、アッサリだと思っているんですけどね」と松永幹師。昨秋のデビュー2戦で上位争いを演じた中には、後のダービー4着馬エタリオウの名前も。師の言葉通り、まともなら元値の違いを見せつけてくれるはず。
8/26(日)札幌12R WASJ第4戦 芝1800m 16:15
②シンギュラリティ 松田国/M.デムーロ
馬連 470円的中 3連複 9890円的中 3連単 3万5680円的中
12番人気(単勝78.5倍)スリーマキシマムの激走を見逃さず3万馬券!!
「トモがシッカリしてきた」「芯が入ってきた」「動きが素軽くなってきた」と、とにかく陣営から良い声しか聞こえてこない②シンギュラリティ。この中間のトーンは明らかに休養前以上のもの。ココにきてようやく本格化なったと見ていいのではないだろうか。

もともと1000万でも勝ち上がり目前まで行っていたことを考えれば、降級戦の前走を難なく制したのも当然と言えるが、それでもスローペースで逃げ切り濃厚という展開の中、外からノーステッキで余裕たっぷりの差し切り勝ち。レース後には、ルメールも「スゴく良い馬。上でもやれる」とその乗り味を絶賛していた。今なら1000万もアッサリがあって驚けない。
8/26(日)小倉1R 2歳未勝利 芝1200m 09:50
⑪ラミエル 橋口慎/松山
馬連 1130円的中 3連複 8810円的中 3連単 3万0800円的中
一般マスコミが撤退し始めた夏後半の小倉は万馬券の宝庫!!
「小倉に着いてから熱発しちゃったんですよね」と厩舎関係者が振り返るように、前走はとても万全とは言えない状態での出走だった⑪ラミエル。それでも3着を確保したのが地力の高さ。これは勝ち上がりにそう時間がかかる馬ではないだろう。

「前走は直前の熱発が誤算でしたが、それでもリングハミに替えたことでモタれる面は解消。走りはスムーズになっていましたよ。中間の気配も良いですし、小倉への輸送も2回目。慣れが見込める今回は何とかしてもらいたいところです」と厩舎関係者。

ちなみに前走の勝ち馬ルチアーナミノルがマークした1.08.2は、今開催の小倉芝1200mで行われた2歳戦では最速。オープン特別のフェニックス賞(1.08.4)より速いものだった。0.6秒差の3着でも、未勝利なら胸を張っていい水準。
8/25(土)小倉6R 3歳未勝利 ダ1700m 12:35
⑦プロネルクール 千田/松山
馬連 1740円的中 3連複 4340円的中 3連単 1万7820円的中
『スーパー未勝利』直前のヤリ話で万券ズバリ!!
ココまで2着3回、3着2回。戦ってきた相手を振り返ってみても、今の未勝利なら明らかに能力上位と言える⑦プロネルクール

今回は初めての1700mへの対応がカギになるが、既に8戦を消化しており、ココで6着以下ならこのまま抹消濃厚という状況。実績のある阪神ダート1400mを待たずに使ってきたのは、自信の表れと考えていいだろう。

厩舎関係者は「前走で乗った松山が“1700mでも大丈夫”って言うのでココに使うことを決めた」と話しており、千田師も「もともとデビュー戦に1800mを使うプランもあったくらい。当時よりも精神面が大人になっているし、前半からムキになって走るタイプでもないので、むしろこの距離が上手くハマる可能性もあると思いますよ」と色気十分。この条件でも勝ち負けに期待できる。
8/19(日)新潟10R 阿賀野川特別 芝2200m 15:00
③ダブルフラット 中竹/北村宏
馬連 470円的中 3連複 2680円的中 3連単 1万1990円的中
プレミア会員情報の目玉『攻略1点集中レース』は7月から8戦7勝!!
キセキも新潟で勝って菊花賞馬になりましたからね。休み明けで走った反動もありませんし、この馬もココから軌道に乗ってきそうですよ」と、昨年の菊花賞馬を引き合いに出して厩舎関係者がその大きな期待を話す③ダブルフラット

同馬は名義上は中竹厩舎だが、これは中竹厩舎が一時的に角居厩舎の管理馬を預かる形になっているため。担当スタッフは角居厩舎時代と替わっておらず、実際に携わっていた1年上の先輩馬との比較だけに、その言葉には信憑性がある。

前走の快勝に関しては「休養前はデビューしてからずっと押せ押せで使っていましたからね。最後(青葉賞18着)は疲れがドッと出た感じ。減っていた馬体も回復していましたし、ひと息入れて立て直した効果は大きかったですね」とのこと。「レコード勝ちの反動がないことを確認して、中1週で使うことを決めました。いい形で秋に向かいたいですね」と、前走以上のトーンで送り出されている。

昨年(3万4260円的中)は勝ち馬ポポカテペトルが菊花賞3着。古くはオウケンブルースリが菊花賞馬になっている出世レース。今年、ココから大舞台へと駒を進めるのはこの馬だ。

※プレミア会員限定情報になります。
8/12(日)小倉9R 筑後川特別 芝1800m 14:25
⑥アロハリリー 高野/北村友
馬連 1240円的中 3連複 2910円的中 3連単 2万4340円的中
ブービー人気○ウインミレーユの激走情報をズバリ!!
3着だった前走は、休み明け、昇級戦、初の古馬相手。厳しい条件が揃っていたことを考えれば悪くない走りとも言えるが、「イレ込みがキツかったことが最後の伸びに影響した」と、高野師が悔しさを隠さずに話していたのが印象的。レース前から「秋が楽しみ」「先々まで期待している馬」という声が聞こえてきていたことからも、このクラスで負けることは考えていなかったということだろう。

とは言え、その前走は先行勢がことごとく沈んだ厳しい展開。4角2番手の積極策だったことを考えれば、評価を落とすような内容ではない。「500万で何度も足踏みはしていられません。この後は秋華賞トライアルに使いたい」と陣営のトーンも変わらず高く、ココは秋に向けて落とせない一戦。

相手に面白いのが③ウインミレーユ。「テンションに問題がある馬なので前日輸送で一泊できることがいいんだろうけど、不思議と小倉しか走らない馬。今回もココを狙って仕上げてきたので楽しみにしているよ」と厩舎関係者。一変注意。
8/5(日)小倉11R 小倉記念 芝2000m 15:35
⑪トリオンフ 須貝尚/武豊
馬連 790円的中 3連複 2880円的中 3連単 1万0700円的中
荒れる重賞も『本物の関係者情報』があれば◎○ズバリ!!
武豊との初コンビとなる⑪トリオンフ。同日新潟で行われるレパードSにお手馬ドンフォルティスが出走するにも関わらず、である。

これはもともとドンフォルティスにレパードS出走の予定がなかったため。詰まるところ、トリオンフが先約ということなのだが、武豊ともなれば、後からレパードSに出走することになったドンフォルティスに切り替えることもできたはず。それをしなかったということは、トリオンフに大きな魅力を感じているということでもあるのだろう。

前走の鳴尾記念では④ストロングタイタンに半馬身及ばずの2着までだったが、早めに外から動いて自ら勝ちに行く競馬をしたコチラに対し、相手は内々をロスなくピッタリと回ってきてのもの。通ったコースを考えれば、どちらが内容の濃い競馬をしていたかは一目瞭然である。

前走は勝ち馬に上手く内をすくわれてしまったね。それでも3着には2馬身半差をつけたように、力は見せたと思う。ココ目標に短期放牧を挟んでの調整で、至って順調にきているよ。去年も夏の小倉で結果を残しているように、暑さには強いタイプ。この雰囲気なら勝ち負けになるでしょう」と厩舎関係者。秋の目標である天皇賞出走のためにも、最低でも賞金は加算(2着以内)しておきたい一戦。

対抗は⑩サトノクロニクル。「長丁場もこなすけど、ベストは2000m」というのが陣営のジャッジ。3200mの距離に加え、向正面から早めに動いて勝ちに行く競馬になった天皇賞の凡走は度外視していい。
8/5(日)小倉12R 筑紫特別 芝1200m 16:15
⑥タイセイブレーク 浜田/池添
馬連 380円的中 3連複 3560円的中 3連単 1万1800円的中
連対率100%継続!!8番人気馬の激走も見逃さずキッチリ万券!!
一般的に小回りの短距離戦では不利と言われる差し、追い込み脚質ながら、小倉芝1200mで現級勝ちを含む(1-3-0-0)と、連対を外したことがない⑥タイセイブレーク。これはもう適性の高さとしか言いようがなく、広い中京コースに替わった前走で大きく着順を落としてしまったことも、ある意味納得と言えるのではないだろうか。

今回は再び得意の小倉に戻り、改めての一戦。「前走は完全スローの前残り。開幕週の馬場で大外を回したら厳しいですよ。ちょっとウルサイところがある馬で、ジョッキー(M.デムーロ)に“ヤラズ”をされた感じも。それでも上がり32秒8なんて脚、なかなか使えませんからね。相性のいい小倉なら違うと思います」と厩舎関係者。ガラリ一変ムードが漂う。
8/4(土)新潟11R 越後S ダ1200m 15:45
⑤ジープルメリア 南井/M.デムーロ
馬連 400円的中 3連複 3110円的中 3連単 1万0840円的中
やはり新潟は『勝負の関西馬』が情報通り馬券に!!
今年に入ってから4戦、1回は前の馬に触れての落馬競走中止。他3回のうち、2回は勝ち馬マテラスカイ、もう1回も勝ち馬サクセスエナジー。ともにその後の重賞ウィナーが相手という、とにかくツイていない⑤ジープルメリアだが、今回は強敵と見られていた連勝中のレイダー、アンティノウスの2頭が揃って抽選除外に。いよいよ勝機が巡ってきたと言えそうだ。

「前走は勝ったマテラスカイが強すぎたね。強い相手を追いかけた分の3着。その後はココを目標に調整してきた。使い減りするタイプで、休み明け2戦目までが勝負の馬。仕上がりは万全なので、ココは何とか結果がほしい一戦」と厩舎関係者。ハナ、もしくは③ヨンカーの外で揉まれずに運べそうな枠の並びも絶好。このチャンスは逃せない。
7/21(土)函館6R 3歳未勝利(混) 芝1200m 12:45
④ベルダニューブ 藤岡健/藤岡康
馬連 1070円的中 3連単 2万2030円的中
勝負の函館遠征を狙い撃ち!!
1200mに戻って大きな前進が見込める④ベルダニューブ。と言うのも、前走は2週前の芝1200m、1週前の芝1400mに入らず、「マイルで妥協しました」と仕方なく使った1600m戦。この距離短縮は条件好転と見て間違いない。

距離が長かったことに加えて、大外枠から先行する形でロスの大きい競馬になった割にはよく踏ん張っていたんじゃないですか。涼しい気候が合っているのか、コッチにきてからは元気が有り余っている感じ。前走は除外で延び延びだったこともありますし、ひと叩きしての上積みも見込めますよ」と厩舎関係者。

先週の函館でも1200mを求めて函館入りしたボーンスキルフル(5着→1着)から的中をお届けしているが、同馬もそれと同様のパターン。一変に期待できる。
7/22(日)函館12R 潮騒特別 芝1200m 16:05
⑫アリア 沖/丸山
馬連 2920円的中 3連複 1万0680円的中
今夏の函館最終日を万馬券で締めた!!
春の大目標にしていた桜花賞を除外になり、1週スライドして仕方なく使ったのが前走のアーリントンC。結果が出なかったことも当然ではあるが、それでも先行馬総崩れの厳しい展開の中、番手追走の積極策から0.7秒差なら決して悪い内容ではなく、むしろ距離短縮での大きな前進を予感させる走りだったと言っていいだろう。

前走の止まり方を見ても、距離は短い方がイイですね。中間は放牧を挟んでココ目標。気性的に滞在は合っていますし、稽古の動きも軽快。仕上がりはイイですよ。ハンデ51キロは恵まれたんじゃないですか」と厩舎関係者。1200m出走はちょうど1年ぶりとなるが、その前回が昨年同週に行われた函館2歳S3着。この条件替わりがプラスに出ることはまず間違いない。

土曜の函館メインでも「短距離路線で改めて上を目指していきたい」と陣営が話していたダノンスマッシュ(3人気1着)から的中をお届けしたが(参加者限定情報)、同馬も春のG1シーズンが終わり、適条件に路線変更してきたという同様のパターン。好結果に期待できる。
7/22(日)中京9R 渥美特別 芝2200m 14:25
⑧シャドウブリランテ 藤岡健/M.デムーロ
馬連 1000円的中 3連複 1540円的中 3連単 1万0080円的中
『その日一番』の勝負レースも◎○▲3頭で万馬券!!
勝って同条件だった前走で1番人気を裏切ってしまったが、道中1~3番手の馬が上位を占めた前残り決着の中、道中最後方。「見ての通りだよ。いくら何でも消極的すぎる」と藤岡健師も手綱を取っていたルメールに対して少々お怒りだったが、いずれにしても評価を落とすような敗戦ではないということ。

負けはしたもののルメールの同馬に対する評価も非常に高く、何でも今回、M.デムーロが④スヴァルナではなく、同馬に騎乗することになった経緯にはルメールの口利きがあったという話。もちろん、M.デムーロとしても④スヴァルナよりも同馬に魅力を感じているということでもある。

「2走前にこのクラスは勝っているように力は上位。今回はその時と同じ2200mだからね。前走は不完全燃焼な競馬だったけど、今度はシッカリ結果を出してくれるんじゃないか」と藤岡健師。ココは巻き返し必至の一戦。

⑪インヴィクタの前走は、水捌けが良い京都芝では珍しい不良馬場。騎手、厩舎とも「馬場に尽きると思います」と振り返っており、参考外と見ていいだろう。「2走前は約1年ぶり。前走は馬場。敗因はハッキリしています。まだ緩い面は残っていますが、ココを目標に置いて動きも及第点。500万に降級すれば恥ずかしい競馬にはならないでしょう」とコチラも大きな巻き返しがありそうなムード。
7/15(日)中京11R 名鉄杯 ダ1800m 15:25
⑯ラインルーフ 松永昌/森一
馬連 3300円的中 3連複 1万6350円的中 3連単 7万2880円的中
オープン特別で後続に8馬身差をつける衝撃V!!
ダートに戻して本領発揮、⑯ラインルーフが大ヤリ態勢。

芝に使われた前2走では結果が出なかったが、もともと陣営としても適性を見込んで芝に使っていたわけではない。2走前は同日のアンタレスS(阪神ダート1800m)に登録していたものの、賞金不足で除外が確実な状況。前走にしても、同日のブリリアントS(東京ダート2100m)に使おうとしていたのだが、やはり賞金不足で出走が叶わなかった。

この経緯からも、ともに度外視していい結果ではあるが、2走前の福島民報杯(福島芝2000m)はテン3ハロン33秒6というスプリント戦並の超ハイラップをまともに追いかけて6着健闘。適性外の条件でのこの走りは、高い能力の証明と言っていいだろう。

今回は早い段階から「夏場でそれほど使う馬は多くないようだ」という話で、特別登録段階でもフルゲートぴったりの16頭。ようやく除外の心配なくレースを迎えることができ、「ダートに戻れば力は上位。重賞でも、と思っている馬なので、オープン特別なら大威張りできるレベルでしょう。もう除外は勘弁なので、この先に向けてキッチリと賞金を加算しておきたいですね」と厩舎関係者。鞍上の森一も今週は土曜の障害戦に乗らず、同馬1頭のみの騎乗で腕を撫している(落馬負傷による乗り替わりを避けるため)。

芝だったとは言え、前走の16着大敗で一般ファンにとっては手を出しづらくなるところだろうが、上記のような背景を把握している大物馬主関係者の間ではコレが「むしろ買い」のジャッジ。3連単大勝負を目論んでいる。

※プレミア会員限定情報になります。
7/8(日)中京2R 3歳未勝利(混) 芝1400m 10:30
③アプルーヴァル 今野/和田竜
馬連 1450円的中 3連複 3750円的中 3連単 1万8390円的中
セール直前!!オーナーに顔を売るために結果がほしかった一戦!!
先行策から伸び切れずに6着まで。やや物足りない結果に終わってしまった前走だが、「コーナーで外に逃げちゃって……」と手綱を取っていた幸が振り返っていたように敗因はハッキリ。それだけに初めての中京=左回り替わりは大きなプラスと言えそうだ。

前走が思わぬ敗戦でしたけど、ひと息入れたことで馬がグッと良くなってきたので結果オーライですね。左に張る面があるので中京替わりも良い方に出るはずですよ」と厩舎関係者。「このオーナー(近藤英子)に初めて入れてもらった馬なので、厩舎的にも何とか勝たせておきたいんです」という事情もアリ。ココは力の入る一戦。